実験的にブログを使ったショッピングモール風サイトを運営してみています。
扱っているのは、いわゆる「ニッチ」な物で
「好きな人は好き、興味のない人は全く興味のない」ジャンルです。

「ニッチ系サイト」を運営していて感じる利点は
・検索で上位を狙える可能性が高い(ライバルが少ない)
・好きでやって来る人は購買意欲が高い
・コレクターやマニアが多いので商品説明など殆どいらない

などが挙げられます。私自身、集めてる物なら即買いですw
また、商品数を増やしておけばあまり更新しなくても良いので手間もかかりません。

・・とは言え、あくまでニッチ。
爆発的に売れる事はあまりないので、収入をこの1つのサイトのみに頼るのは
難しい物があります。また、ニッチゆえにそのジャンルのアイテムを扱っている
ECサイト(企業)さんが限られてしまうのも難点だったりします。

私の扱ってるジャンルの物が1番多く揃っているのが「楽天市場」さんなのですが、
楽天さん経由で商品リンクを作ると写真が小さいため1つの記事で1つのアイテムを
紹介したい場合などいまいち華がありません(^^;

楽天広場さんにもそのブログとはまた別サイトを持っているのですが
他ブログに比べ検索にかかりにくく、どう運営して良いものか悩んでいました。
そこで色々考えて、今月からその2つのサイトを別と考えないで
「2つのサイトで1つのサイト」という方式を取ってみる事にしました。

広場さんでは日記以外に「自由ページ」を100ページ作成する事が出来ます。
そこでこの「自由ページ」を使って商品をみやすく陳列しました。
これなら写真が小さくても一覧ページのようになるので問題ありません。
あとは、ブログサイトから、広場に作成した自由ページへリンクを貼るのみ。
広場サイトからブログサイトにもリンクを貼りました。

結果、それぞれにアクセスして下さった方がもう1つの方も・・という
「ついでに訪問」をして下さるようになりました。
また、色々なサイトさんでも言われていますが楽天さんのアイテムは安心感からか(?)
この実験を始めてから、クリックが日平均でお互いに40ほど増加しました。

更に「楽天クッキー効果」による成果も出始めました。 
今まで上手く使いこなしていなかったので、聞いてはいたもののさほどこの恩恵を
受けた事がなかったのですが(^^;なるほど納得、リンクを貼っていない
ショップからの成果が上がるように。

1つのサイトではイマイチだったとしても、ジャンルが似ているサイト同士であれば
それぞれの利点を利用しての相乗効果+αを狙う事も出来るという新たな発見でした^^
そう考えるとこの「日々〜」も「アフィリエイト編」「ブログ編」と分けた方が
良いんでしょうが、情報系ブログはマメに更新しないといけないので、
そうなると手が回らなくなってしまいそうだったりします・・(^^;

アフィリエイト情報を色々集めるなら↓
人気ブログランキング
2005年04月08日




■ コメントはこちらからお願いします ■  ※宣伝・誘導と判断されるものは削除します。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

■ コメントありがとうございました ■
おはようございます。あゆまるです。
あゆまるのところも、まさしく2つでひとつサイトです。ただ、ジャンルが似すぎているので、最近日刊!・・のほうは食品ジャンルに挑戦しているんだけど、なかなかスイーツ記事ほど筆がすすまなかったりして。。(苦笑)

検索なんですけど、楽天のサイトもようやく少しくらいはかかるようになってきました。
やはり、基本はhタグかなと感じてます。ただ、日記ではhタグを使ってもあまり効果なさそう。
トップと自由ページですね。効果あるのは。
hタグ中心のページはシンプルだけど、検索エンジンにはやさしいのかな?

自由ページにリンクかぁ。楽天の日記を日刊!のほうにコピペしたことはあったけど、そういう利用の仕方は思いつかなかったです。今度やってみます。
Posted by あゆまる at 2005年04月08日 08:08
>あゆまるさん
いらっしゃいませ〜^^

分かります、私もちょっとアイテムを変えると思ったような文章が書けなくて(^^;
やっぱり自分が好きな物になればなる程、筆も進みますよね★

>検索なんですけど、楽天のサイトもようやく少しくらいはかかるようになってきました。

広場のアドレスの並びって「ttp://plaza.rakuten.co.jp/○○/」なので、
どうしても「何十万とある楽天サイトの中の1個のサイト」と検索ロボットさんに
認知されてしまうのと、
PINGを好き勝手に飛ばせないのとで拾ってもらえるまでかなり時間が
かかってしまうようです(><)

hタグもそうですよね、自由ページのが日記よりだんぜん
かかりやすいのでその辺りも関係していそうです^^

>自由ページにリンクかぁ。楽天の日記を日刊!のほうにコピペしたことはあったけど、
>そういう利用の仕方は思いつかなかったです。

「カテゴリ」という感じでサイドバーに貼る+
関連記事を書いた時には記事内で紹介したりして
自由ページに流れてもらうようにしてみてます。
結構効果があるので試してみて下さい^^
Posted by Berry@管理人 at 2005年04月08日 15:57
■ この記事へのTrackBack URLはこちら ■  http://blog.seesaa.jp/tb/2843831
アクセス解析 無料レンタル 無料レンタル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。