「アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)」様で
心理学的財布を利用する」という興味深い記事を拝見させて頂きました^^

「同じ金額の物なのに売っている場所が違うと安く(高く)感じる」
という事で例を紹介されています。
私自身そうなのですが、例えば3000円のTシャツが
単価の低いアイテムを扱うお店で売っていれば「高い」と感じ、
デパートなど他アイテムが比較的高額な物が多い所では「安い」と感じる・・
本当に不思議なものです(^^;

ただ、だからと言って「じゃあデパートで買う」かと言うと、
一概にそうとも言い切れない(人によって違う)のも面白い所です。
デパートに長い事勤めていましたが、お客様の中には
「デパートなのにこの値段は何か安すぎて信用出来ない」
「売れ残ってる(人気がない)からこの値段になってるんじゃ?」
と、安い物を敬遠される方も少なくありませんでした。

セールをする時は、たいてい横に「新作(セール除外品)」を並べます。
これには「セール目的で来た人にも新作を見て欲しい」という理由も
もちろんあるのですが、上で挙げたような「安いのはどうも・・」
というタイプの人へ新作の購入意欲を煽るという理由も。。。
実際、セール期間中にも関わらず新作も同じ様に売れていました^^

話変わって、お歳暮やお中元なんかも「バラの包装紙じゃないと」
という値段でも中身でもなくデパート(企業)のイメージにこだわる方も
以外と多かった事も記憶しています。
(私が勤めていたのはバラの所ではありません 笑)

また、デパートへ行くと必ずお店の人にマーク(?)されます。
隣り(周辺)について色々とおすすめされるこの行為、
「落ち着かないから苦手」と言う方が多いと思うのですが(私は苦手です)
この行為を店員がしない(または不十分)とお客様が感じて苦情を
寄せてくるというケースは何度もありました。
「デパートなのに接客してくれないなんて、私が買う人間に見えない
という事なのか」という風に・・・・・。

話が思いきり反れたのですが、品物以外の「イメージ」みたいな
心理が作用して、そこで買う・買わないという事を判断する場合も
多々あって、それを観察しているのも結構面白かったです。

アフィリエイトで考えると「サイトデザイン」「どこの企業のアイテムか」
「管理人のキャラクター」なんかも重要視されるのかな?
と言った感じでしょうか。
人が物を買うまでに働く心理って奥が深いですね(^^;

アフィリエイト情報を色々集めるなら↓
人気ブログランキング
2005年03月22日




■ コメントはこちらからお願いします ■  ※宣伝・誘導と判断されるものは削除します。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

■ コメントありがとうございました ■
あゆまるも、購買心理って奥が深いなぁと思います。
例えば、最初はその気がなかったものでも、売り切れってなると、あれほしかったのにぃ〜ってね。
あゆまるは、単純に自分がほしいものを紹介する。それしか出来ないし。。もっと頭のいい人はいろいろ出来るんだろうけどね。
Posted by あゆまる at 2005年03月22日 12:51
>あゆまるさん
いらっしゃいませ〜♪

うんうん、分かります「今度まだあったら買おう」って
買わなかった物が売り切れたと知るとすっごく悔しいんですよね(^^;

いわゆる大成功を収めていらっしゃる方には
自分が好きとか好きじゃないとか関係なく「売れる」という
物を扱っている方も多いんだと思います。
「商売」って割り切る形ですね。でも私もあゆまるさんと
同じで、自分の知らない(興味ない)物はあまり扱いたくない
みたいに割り切れない所があるがゆえ、
「自分にはアフィリエイトは向かないのかも」
って思う事もしばしばあったりします(笑)
Posted by Berry@管理人 at 2005年03月23日 01:43
  失礼します。       
   
 「ビジネスを強くするメッセージ」
       ご笑覧下さい 
    
 http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/
       
(営利活動ではありません)  
    
Posted by あだち at 2009年09月14日 19:32
■ この記事へのTrackBack URLはこちら ■  http://blog.seesaa.jp/tb/2537453
お客の購買心理
元デパートガールだったんですね。お世話になってるももよで〜す。
夢実現 お客様をお得意様に変える法
2005-03-22 13:41
アクセス解析 無料レンタル 無料レンタル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。